だらけきってる家の猫たち

だらけきってる家の猫たち

暑くてだらけてしまうのは、なにも人間に限ったことじゃありません。家で飼っている5匹の猫たちもだらけています。それも人間以上にだらんと。

私や妻が朝起きてくると、台所の机の上で2~3匹がぐてんと横たわっています。そこにいない他の猫たちも、暗い廊下の隅っこに転がっていたり、玄関に転がっています。

基本的に冷たい木材の上が一番気持ちが良いようです。カーペットの上では蒸してしまうし、コンクリートや石畳の上では冷たすぎるようです。猫用に買ったベッドは、暑い季節になると居心地が悪いのかほとんど使ってくれません。

特に台所の机の上が一番のお気に入りのようです。なので朝は、机の掃除をしっかりと行なわなければろくに朝食もとれません。抜けた毛がたくさん散乱していますからね。

猫を飼っている人は分かると思いますが、抜け毛って本当に凄い量なんですよね。季節の変わり目なんかは猫も衣替えを行なうため大量の毛が抜け落ちてそれは掃除が大変です。家は5匹ですからね。掃除をはじめたら1日が終わってしまうのではないかというくらい大変です。

抜け毛のピークをすぎて夏になってしまえば、抜け毛が一番目立たない季節となります。毛が薄く短いうえに、あんまり動かないからでしょうね、他の季節より掃除や毛の手入れが楽です。

でも、夏場の猫たちはぐったりしすぎているので、健康が心配です。ご飯もあんまり食べませんから。暑くて食欲が減ってしまうのも、人間と同じなんですね。

しかし数年前、子猫だった頃の猫たちは夏場も活発だったんですけどね。やっぱり大人になって落ち着いちゃったんでしょうか。落ち着きすぎてだらけていますからね。クーラーをつけてとせがむんですよ、家の猫たちは。

休日の真昼間に私が家の居間でごろんとしてスポーツ新聞や雑誌を読んでいると、数匹の猫たちがクーラーの下に座り始めるんですよ。で、転がっている私の方をちらりと見て、「つけようよ」って訴えるんです。

リモコンでクーラーのスイッチを入れ、「ピッ!」という電子音がすると、残りの猫たちもすたすたと居間に集まってきます。音がすると居間が涼しくなるというのを覚えたのでしょうね。

居間でクーラーをつけると、もう猫たちはその部屋から出て行きません。いつもは外に脱走したくてうずうずしているのに、クーラーがついていると、試しに外へ出られる窓を開けても全然反応しませんから。

似たもの夫婦

ピンポーン、とドアホンがなって「宅配です」と声が響いた。

宅配?

何も頼んでないけどなぁ? と首をかしげつつドアの前まで歩いていって、ふっと思う。

あれだな、旦那がまた、何か買ったな、と。

私の夫は浪費家ではないが、仕事がヒマだとちょこちょこネットをのぞいて衝動買いに走る悪いくセがある。

たいした金額のものではないし、普段から無駄遣いしているわけではないから買い物じたいに文句はないのだが買うモノの選択が今いち私には理解できない。

今回は何かと思ったら箱がきに「頭皮ケア」とある。

なるほど。

夫は髪の毛の後退を少なからず気にしている。とはいえ私から見て心配するほどのことはないと思われる。こういうのは隔世遺伝が多いという話を信じていて、おじいさんが早くからつるっつるだったのを大変気にしているようではある。

帰宅した夫が早速開けてみるを側で見ていた。

驚いたことに、何やら電動で動く小さなマッサージ機のようなものなのだ。

シャンプーをしたとき、その丸いヘアブラシのようなものを頭にくっつけてスイッチをいれるとウィ~ンと動いて頭皮マッサージをしてくれるという。

しかもその頭皮ケア器、ちゃんと男性用と女性用とモノが違うと説明書きにある。使い方も頭皮の前方から後ろへとか、横はジグザグみたいな細かな指定があり、一日1度4分間が最も良い結果を生むようだ。

さて、ねぇ。

まぁ私だって美顔器だとか、足浴のなんたらとか、流行や口コミにまんまと乗って買ってしまった過去がある。だからブツブツ言う気はないが……。

でも我が夫がお風呂でひとり、これをウィ~ンとやってる姿を想像するのは妻としてはあまり楽しいもんでもない。

「別に気にしてなくてもいいんじゃないのぅ。今、スキンヘッドとかだってかっこいいしさ」

私のそういう言葉も気にしている本人には時として厭味に受け取れるらしく、にわかに不機嫌になった。

いざこれから使い、効果を楽しみにしているスタートに妻たるものが夫の気持ちをダウンさせるようなことを言ってくれるな、的なことをボソリとつぶやいた。

効果のほどはこれからだが、せっかくの期待に水をさしたのは大人げなかったかな。

それに考えてみれば、ついこの間骨盤ベルトを購入して、風呂上がりに堂々と巻きながら部屋中ウロウロしていた私。

結局、似た者夫婦ってことですかね。